お墓の知識

墓って何?と聞かれるとどう答えますか?

墓って基本的な言葉ですから、きちんとした理解をしておく必要があるでしょう。

仏教でいう墓とは、お釈迦様の遺骨をまつった仏塔が起源と言われます。

現代の墓にはどんな意味があるでしょうか?
現在は葬儀に火葬が行われます、遺骨を墓地に埋葬する理由がありますかね?

土葬の頃なら仕方ないと思いますが・・費用的にも心情的にも墓にする理由って判りません。

そんな思いが多いのでしょうか?最近は墓地の考え方に変化が生じています。

新しい形の墓地
墓地という言葉から受けるイメージが変化してきています。
個人墓(独りで入る)
夫婦墓(夫婦で入る)
合祀墓(大勢で入る)
永代供養墓(跡継ぎをなし)
散骨

最近増えてきている墓地の形式です。
共通しているのは、家という概念の排除でしょう。

永代供養とは
墓という考えとは少々異なります・・
最近増えている墓の形式の一つです。
江戸時代に寺院が、収入増加を狙って始めたのが由来です。
命日にお経を挙げるかわりに、お布施を得た事から墓の関連と言えばあてはまるかな?

身よりがいない方の為のお墓として、「永代供養墓」と言った名称の合祀墓が有名ですね。
普通の寺院墓地で、供養料等を納める事で、墓地を求める事が出来ます。

友人等に、墓地の事を伝え墓参・読経を頂戴するケースが多いです。
身寄ない方が亡くなる場合でも、友人等からすれば、その悲しみを癒し、供養する場があるのは嬉しい事です。
| お墓
あいうえお経済