位牌と埋葬迄の遺骨

葬儀後、後飾りの祭壇に安置しておいた白木の位牌は、四十九日を境として、菩提寺に納めます。

仏具店で塗り位牌を求め、戒名を彫ってもらいます。
塗り位牌は、開眼供養のあと、自宅の仏壇に飾ります。

四十九日を境に白木から塗り位牌へと流れる事を知っておきましょう。基本的には葬儀社に相談し準備しておきます。

位牌は上記の通りの流れですが、埋葬迄の遺骨の祀り方も少々覚える事があります。

仏式の場合、遺骨は忌明け迄、自宅の後飾りの祭壇に安置します。
そして、花や線香、灯明を絶やさないように祀ります。

後飾りの祭壇の置く位置は、仏壇の前が普通です。

四十九日の忌明けが過ぎても納骨しない場合は、遺骨は自宅の仏壇に安置し、長引きそうな場合は、寺院の納骨堂に仮納骨するのが一般的と言われます。

しかし、自宅で長く安置する方が多いのも事実ですので、あまり気にせず親類と相談し、施主の思うように段取りするが吉でしょう。

納骨法要

菩提寺での七七日忌の法要と納骨法要を併せて行う時は、まず最初に本堂に遺骨を安置し、四十九日の法要を執り行います。

四十九日法要が終わると一同で墓地に移動し、納骨式を行います。
まず業者の方等に墓の石蓋を開けてもらい、施主が骨壷を納骨室に納めます。石蓋を閉じたら、持参した卒塔婆を墓石の後に建て、墓前に花や線香、ろうそくを供えます。

その後、僧侶が読経を行い、最後に参列者全員で順番に焼香し故人の冥福を祈ります。

以上が納骨法要の基本的な流れとなります。何度か参列すると自然に流れはわかりますが、焼香の仕方や振る舞い等で困る事のないようにマナーを知る事は大切な事です。

埋骨式のマナー

納骨・埋骨式には、近親者、親しい友人、知人に連絡し立ち会ってもらうのが正式と言われます。

埋骨式の後には、寺院の一室を借りるか、料亭等を使って、参列者に簡単な食事でもてなし、記念に菓子折り、茶などを配るのが当然の配慮とされます。このような事は周りの親類が段取りしたり、葬儀社の方の段取りの範疇ですが、キチンと流れを把握しておきましょう。

僧侶へは「御布施」と表書きした謝礼を差し出します。またわざわざ出向いてもらった場合に「お車代」を包み、納骨作業をしていただいた人達にも「志」として金一封を渡すのが、暗黙のマナーとなっているので注意して準備しておく必要があります。

志等は最近は省略する向きもありますが、気持ちの問題とマナーの心得として考えておきましょう。

納骨と埋骨

埋葬の時期は、一般的に初七日の法要、あるいは四十九日迄の七日毎の供養の日のうち、いづれかを選ぶが良いと言われます。

殆どの場合、埋葬に関して初七日の法要か四十九日で選ばれますね。しかし時々墓地の用意が出来ないなどの理由で、四十九日までの忌明けに間に合わない事があります。

四十九日迄に間に合わない場合でも、一周忌迄に納骨・埋葬を済ませれば基本的に問題ないので、焦らずキチンと納骨を済ませる事に焦点をあてて準備して欲しいモノです。

遠く離れた場所に納骨・埋骨する時は、喪主など血縁の深い二人以上の人が出向くよう取り計らうのが吉です。この埋骨の際、お骨は両手でしっかり捧げ持つようにします。網棚、座席に置くのは不謹慎です。要注意!!

トイレ等で席を離れる場合は、必ず同行者に手渡します。道中の服装は本来喪服の方が良いですが、地味な装いなら問題ないでしょう。ただし、現地に着いたら正式な喪服、あるいは準喪服に着替えて埋骨式に臨みます。

忌服について

忌服という言葉は、あまり耳にしないかも・・・特に最近は。
忌服とは、近親者が亡くなり、死者のけがれを身に付けている期間を「忌」、喪服を着て身を慎むことを「服」といいます。

現在は「忌」は初七日まで、「服」は四十九日までが一般的でしょうね。

忌服の期間内は、結婚式や賀寿などの慶事への出席や神社への参拝は慎むべきとされています。喪中(死後1年以内)期間に新年を迎える場合は門松、しめ縄、鏡餅などの正月飾り、おせち料理、年始まわり、年賀の挨拶状は控えるのがマナーとされています。

最近は結構曖昧な感じがしますが、古来よりの伝統とも言えるので無難に務めるのが基本ですね。

香典返しの品物と表書き

香典返しと一言で言っても、送る品物は無数にありますね。
ではどんな品物が妥当なのでしょうか?

一般的に香典返しに多く使われるのは、シーツ、タオル、石鹸、陶器、食品といった生活必需品が好まれるようです。
また、お茶、コーヒー、紅茶、調味料といった嗜好品も喜ばれる傾向です。
しかし、葬儀社等での依頼が増えた昨今の葬儀一連では、無難さと手軽さでカタログギフトが主流になってきています。

現代的で誰にも喜ばれる選択ですが、少々味気ない感じもして微妙な感じです。まあこの辺はお好みで問題はありません。。

しかし、葬儀社に手配をお願いせず、自分で段取りする場合は、表書きで失敗しないよう注意して下さいね。

表書きは、「志」が各宗派共通。送り主は喪主の名前が一般的です。品物は奉書紙か半紙に包み、弔事用の白黒の水引をかけます。

上段には「忌明け」「志」、下段に喪主名を入れます。

何気なくしていると、うっかりする事もありますので、覚えておきましょう。

忌明けの挨拶状

忌明けの挨拶状というのは時期にもよりますが、12月のはじめには出したいものです。

服喪中による年賀欠礼の挨拶状を忌明けの挨拶状と言いますが、不幸が暮れの押し詰まった時期でない限り、12月はじめに出しましょう。そして挨拶状には、葬儀の通知を出さなかった方への死亡通知を兼ねて、誰の喪に服しているかを必ず書き入れます。

そんな事・・・と思うかもしれませんが、これがマナーというモノで欠かすと印象が悪くなるのは勿論、人格迄疑われます。

忌明けの香典返し

納骨が終わり、葬儀の一切が滞りなく終わったという意味で香典返しをします。

香典返しは、喪主の挨拶状と共に送るのが通例です。喪主の挨拶状は本来手書きが基本ですが、デパート、葬儀社等で扱っている既成の物に戒名を入れて利用するケースが最近は多数派のようです。

忌明けは四十九日が一般的ですが、宗派により三十五日が忌明けの場合もあります。その場合は、それまでに納骨をすませ、その旨を報告した挨拶状を送ります。

香典返しは普通半返しと言われます。でも家の主人が亡くなった場合、3分の1位の金額が目安となります。

実際は、3段階程度で用意しておき、香典の金額に応じてお返しするのが良いでしょうね。
あいうえお経済