位牌の種類

死者の霊を祀る為に戒名を書き、仏壇や寺院に安置するのが位牌です。位牌は死者の象徴で、故人を仏としてあがめる対象になります。
浄土真宗では位牌は認めていません。

札板位牌(札位牌)
故人一人に一つずつ作られる位牌です。蓮台をつけただけのものから豪華なものまで様々な種類があります。

繰り出し位牌
先祖代々の位牌をまとめて収納できる位牌です。
屋根、扉が付いており、この中に戒名・法名を記した板の位牌を入れます。複数入るようになっていて、手前にある位牌は外から見えるようになっています。位牌は命日の順番に並べ、法要が終ると後ろに回します。(仏壇が小さく、全部の位牌を並べられない場合に利用します。)

逆修牌
亡くなる前に戒名・法名を付けてもらい、位牌を作ること。生前は朱色で文字を記します。

白木の位牌
死者が出た場合、通夜か葬儀の時までに白木の位牌に僧侶が戒名を書きます。葬儀時、祭壇に安置し、四十九日までは家の中陰段に祀ります。(葬儀社が用意してくれます。)
その後、この位牌は菩提寺に納め、代わりに札板位牌等を仏壇に飾るようにします。

ご本尊の役割と日々の供養

ご本尊は信仰の対象として、仏壇の中心に安置されます。
ご本尊は宗派によって異なり、その形式、仏像や掛け軸、お題目を記したものなど様々です。

仏壇に祀る時は、ご本尊を中心に各宗派の宗祖、高祖らの画像を脇掛として、左右に飾るのが一般的です。

日々の供養(仏式による日々の供養)も様々ですが、基本は確立しています。

1.心身を清めてから仏壇に向かいます。
2.家族の朝食前に仏飯、お茶、花を供えます。お供えものは午前中におろします。
3.蝋燭に火をともし、線香をあげます。
4.背筋を伸ばし、正座して仏壇に向かいます。
5.両手に数珠をかけ、合掌礼拝し、各宗派で定められた弥名、題目、真言などを唱えてから簡単なお経を読みます。
6.読経のはじまりに鈴を打ちます。
7.おつとめが終ったら蝋燭を消し、日中は内扉だけ閉めておきます。
8.頂き物、季節の初物はまず仏壇に供えます。
9.就寝前に合掌礼拝、蝋燭、線香の火が消えているかどうか確認し、扉を閉めます。

仏具の名称と祀り方

仏具は沢山の種類があり、また日常生活であまり縁がないので少々ややこしいですが、基本ですから覚えておきましょう。

戸帳
仏壇の上部にあたり宮殿や厨子に飾る装飾用の布

ようらく
仏様の世界を飾る為のもの。仏壇の上から吊るします。

灯籠
仏壇の内部を明るく照らすための道具。宮殿の両側に左右一対で飾ります。

前机
須弥壇の前、中断か下段に置く台。三具足、五具足を供えます。

上机
宮殿の前に置く台、香、花、蝋燭、仏飯等を供えます。

経机
経本を載せる机

和讃箱と和讃卓
和讃を入れる箱と卓。浄土真宗のみ

打敷
上机や前机を飾る金襴の布。浄土真宗のみ三角形を用います。

お文箱
蓮如聖人の文章を納める箱。浄土真宗のみ

香炉
香を炊くもの、仏壇の中央に置きます。

花立て
花の正面が拝む人を向くように供えます。

高坏
お菓子、果物を供える時に使います。

燭台
蝋燭を立てる台

仏飯器
炊き立てのご飯を入れて仏様に供えます。曹洞宗は一本、浄土真宗は一対

茶湯器
お茶、お湯、水を入れる器

線香差し
線香を絶やさず、立てておきます。

伏がね
台座の上に置き、お経に合わせて撞木で叩きます。

過去帳
仏壇に祀られている先祖代々の戒名、俗名、没年月日などを記したもの

霊供台
命日、法要、お盆、彼岸などに供えるミニチュアのお膳、精進料理を供えるのが普通です。仏前に箸が向くように供えます。浄土真宗では用いません。

供笥
法要などで餅、お菓子、果物を供える台

木魚
読経、弥名などの時に用います。

鈴・鈴棒
おつとめの始まり、終わりに区切りとして内側を叩きます。

お供えの意味

仏壇には「香」「花」「燈燭」「飲食」の5つ(五供)をお供えします。

香(こう)
香は、全ての人々に行き届く仏の慈悲を表していると言われます。
抹香と純粋は沈香。線香のいずれかが使われます。
点火はマッチでも蝋燭の火でも構いません。線香についた火は、線香を強く振って消すか、蝋燭消し用のうちわを使って消します。

花(はな)
正面が礼拝する人に向き合うように供えます。
花は枯らさないようにこまめに入れ替え、常に新鮮な花を供えます。

燈燭(とうしょく)
燈明は仏の知恵や慈悲の光を表します。
燈燭には燈籠、燭台、輪燈などがあります。明かりには豆電球、蝋燭を用いるのが普通です。
点火にはマッチを使い、おつとめを終えたら必ず消します。

浄水(じょうすい)
水道水でも構いませんが、できれば毎朝、家族が飲む前の最初のお茶を供えるようにしたいものです。

飲食(おんじき)
毎朝、家族の食事の前にご飯を供えるのが仏飯、故人の命日や法事に故人の好物を供えるのが「霊供膳」。
肉や鮮魚類、ニンニク、ニラ等を使った料理は避けます。
仏飯は昼前に下げ、いただくようにします。
あいうえお経済