お墓の知識

墓って何?と聞かれるとどう答えますか?

墓って基本的な言葉ですから、きちんとした理解をしておく必要があるでしょう。

仏教でいう墓とは、お釈迦様の遺骨をまつった仏塔が起源と言われます。

現代の墓にはどんな意味があるでしょうか?
現在は葬儀に火葬が行われます、遺骨を墓地に埋葬する理由がありますかね?

土葬の頃なら仕方ないと思いますが・・費用的にも心情的にも墓にする理由って判りません。

そんな思いが多いのでしょうか?最近は墓地の考え方に変化が生じています。

新しい形の墓地
墓地という言葉から受けるイメージが変化してきています。
個人墓(独りで入る)
夫婦墓(夫婦で入る)
合祀墓(大勢で入る)
永代供養墓(跡継ぎをなし)
散骨

最近増えてきている墓地の形式です。
共通しているのは、家という概念の排除でしょう。

永代供養とは
墓という考えとは少々異なります・・
最近増えている墓の形式の一つです。
江戸時代に寺院が、収入増加を狙って始めたのが由来です。
命日にお経を挙げるかわりに、お布施を得た事から墓の関連と言えばあてはまるかな?

身よりがいない方の為のお墓として、「永代供養墓」と言った名称の合祀墓が有名ですね。
普通の寺院墓地で、供養料等を納める事で、墓地を求める事が出来ます。

友人等に、墓地の事を伝え墓参・読経を頂戴するケースが多いです。
身寄ない方が亡くなる場合でも、友人等からすれば、その悲しみを癒し、供養する場があるのは嬉しい事です。
| お墓

お墓の考え方

お墓に関しては個人の考え方が大きく反映される面が多く、宗派的な方向との折り合いが大切でしょうね。

夫婦で宗教が異なる場合
宗派の異なる夫婦が一緒のお墓に入る場合は、公営・民営墓地でしょうね
両親と一緒のお墓に入りたい場合、実家のお墓を守る人や遺族の判断が優先されます。

夫と一緒のお墓に入りたくない場合
妻が生前に自分のお墓を建てて置く事が考えられます。その場合、永代供養墓に入るのも一つの方法ですね。

嫁に行った一人娘が実家のお墓を承認
女性だけの姉妹、一人娘の場合、実家の両親のお墓を継承する場合があります。その場合、公営墓地では、継承は可能ですが、二つの姓名を彫ったり、二つの墓石を建てることはできません。

寺院墓地の場合はよく相談するように、民営墓地の場合は、公営より緩やかです。それぞれのお墓で相談するべきですね。

跡継ぎがいない場合
子供のいない夫婦の死後のお墓の継承については、民法で「慣習にしたがって祖先の祭祀を主宰する人がこれを継承する」とあり、被相続人が指定できることになっています。
法律上、他人であっても自分が指定すれば継承者として可能です。

長男の嫁でなくても本家の墓にはいれるか
本家にある先祖代々の墓は、本来親族ならだれでも入れるものです。
次男、三男に跡継ぎがいない場合、長男と相談の上、本家のお墓に入れてもらうことが出来ます。
| お墓

公営墓地

墓地には寺院墓地、民営墓地、公営墓地などがあります。
今回は公営墓地を紹介します。

公営墓地は都道府県、市町村などの自治体が管理・運営している墓地です。
公営墓地の特徴は、宗派・宗旨を問わず、永代使用料が安く、管理が行き届いているという事が言えます。

公営墓地は、申込者を募集した後、抽選で決まる場合が多いですね。

公営墓地の原則として、地域住民に限られる場合があります。

各霊園によって使用制限が異なる場合がありますので注意が必要ですね。

詳しくは各都道府県、市町村にて問い合わせる必要があります。

アクアクララの口コミ
| お墓

寺院墓地

墓地には寺院墓地、民営墓地、公営墓地などがあります。
今回は寺院墓地を紹介します。

寺院墓地
お寺、宗教法人が管理・運営しています。
寺院墓地のメリットは、通常、お寺が直ぐ傍にあるために葬儀や法事に便利ですね。
僧侶に頼めばいつでも読経・供養してもらえます。

お寺から離れた場所にある墓地では、春秋のお彼岸、お盆などには合同法要を行う事が多いようです。

寺院墓地の使用は、原則として檀家に限られます。新しく墓地を入手した後は檀家になることが求められ、法要などはその宗派のしきたりによって儀式が行なわれます。
セブンイレブンのバイト
| お墓

墓石の選び方

お墓には種類があり、お墓を建てるのも時期がある。。なんかややこしいですね。
実は、墓石にも選び方があります。

お墓のかたち
スタンダードは和型の三段。上から悼石(寿石)、上台石(禄石)、下台石(福石)と重ねられています。

墓石いろいろ
墓石につかう石には、花崗岩、安山岩、閃緑岩、斑糲岩等があります。人気は花崗岩(御影石)、安山岩です。
人気墓石の石と色は、関東では白系、グレー系、黒系です。関西では青系が好まれているようです。

お墓の文字と書体
お墓に刻む文字は家名を刻むのが一般的です。
お墓の正面から見て向かい右側面に戒名が入ります。お墓に彫る文字には制限がありません。
書体もどんな形でも良いです。しかし一般的なものは楷書体、行書体、草書体、隷書体ですね。。この辺は当然でしょうか?

あまり深くなく、文字の太さ程度が良いと言われています。
墓石は仏を表す聖なる石。普通、三つの石から構成されますが、上から「天の石」(人間を表す・寿命や健康)、「地の石」(不動産を表す・財産や家)

米子市 老人ホーム
| お墓

お墓の種類

お墓って皆同じに見えます。しかしお墓には種類がありました・・・

単独墓
一人に一基ずつ設けるお墓。墓石にもその人、一人の戒名や名前が刻まれます。

合祀墓
先祖代々、複数の霊を祀るお墓を言います。
自分の子孫まで入れます。この場合、通常「田中家先祖代々の墓」「加藤家の墓」と墓石に刻まれるのが一般的です。
新仏を祀る際には、そのつど墓誌や墓碑の裏に戒名や名前を入れます。

比翼塚(夫婦二人のお墓)
夫婦のうちどちらかが亡くなった時に建てるのが一般的です。同時に二人の戒名を刻んでおき、亡くなった人の方を黒く、生存中の人の戒名を水色で塗ります。

会社墓・団体墓
企業が創立者や会社に貢献のあった物故社員を祀る為に建てるのが会社墓。実際に納骨されていることはありません。
団体墓は、戦没者や大災害による死者の慰霊などの目的で建てられるお墓です。
| お墓

お墓の立地と環境

墓地については、生活に密着している事と記念碑という意味を考えるといろいろ拘りたい処がありますね。

お墓はお詣りに出かけるのに不便な墓地は望ましくないでしょう。

墓地までの所要時間・交通の便を調べておくことは必要です。

急な傾斜地に墓が建てられていたら嫌ですね、できれば避けたい処です。

お墓といえど日当たり、風通しは良いに越した事はないですね。

駐車場から墓地までの距離なんてのも気にする?

これは結構重要ですが、墓地の移転なんてのがあるのかないのか?この確認はしておくと安心します。

1区画のスペースが十分か?墓地の造成工事はキチンと成されているか?墓地内の水道やトイレの清潔さや共有部分の管理の程度等は選べるならば、キチンと調べて購入したい物です。
これらが出来ていない、というよりキチンと整備されている墓地を選びたいですね。

花や線香が買える売店がある墓地なんてのも最近多いようですし・・・
| お墓

民営墓地

墓地には寺院墓地、民営墓地、公営墓地などがあります。
今回は民営墓地を紹介します。

民営墓地は郊外の丘陵地帯を開発して作る場合が多く、規模の大きいのが特徴です。

民営墓地のメリットは、宗教・宗派を問わず、誰でもが利用できる、遺骨がなくても利用できる、居住地による資格制度がない、区画が一杯になるまで受付を行なっている、といった所です。

公営墓地に比べると使用料は高額な場合が多いですが・・

販売は、申し込み順。区画がいっぱいになるまで申し込みを受け付けています。
| お墓

お墓の買い方・売り方

お墓って売り買いするものという認識がなかったですが、結構取引されているのですね。驚きです・・

独身女性とお墓
お墓は基本的に代々、お墓を守ってくれる人の存在が必要事項です。しかし、大規模な民営霊園では、六親等以内の親族がいることを証明すれば販売してくれるところもあります。

お墓を転売
基本的にお墓には所有権はありません。使用権だけなので、転売することは出来ないはずなのですが・・・どんな取引なのかな?
| お墓

お墓を建てる時期

お墓っていつ建てるのでしょうか?物心ついた時から お墓はあるのが普通ですし、何時お墓を建てても良い様な感じがしますが・・・

お墓に限らず、葬儀関連は慣わしというか、しきたりのような事が多く、基本的な事を知っておく事は必要でしょうね。。

新しいお墓を建てる場合
お墓は一般的に三回忌までにお墓を建てたほうがよいとされていますが、特に決まりはありません。
実際にお墓は、葬儀の後、四十九日忌や百か日忌、月ごとの命日、一周忌などの法要に合わせてお墓を建てる場合が多いようです。

生存中にお墓を建てる(逆修)場合
生存中にお墓を建てる場合は、死後のお墓と区別するため、墓石に刻む戒名を朱色に塗っておきます。

直ぐに建てられない場合
お墓が直ぐに建てられない場合やすぐにお墓が必要でない時やお墓が建てられない時は、最初に境界石を入れ、納骨棺を作っておけば墓石はなくてもお墓としての役割を果たします。
| お墓

お墓の意味

お墓って当たり前にありますよね。
盆の頃や彼岸の時は、お墓参りに行きますし。。お墓は毎日ではないですが、必ず生活シーンに入っています。

その割には、お墓の事に関してあまり知らないって人多いようです。自分の事、親の事、親類・・・お墓や葬儀というのは必ず巡り合います。キチンと知っておく事は必要ですね。

お墓は日本人にとってどんな意味があるでしょう。
お墓は死体を安置する場所といった意味以上に、亡くなった人の霊を祀り、先祖を供養する場所として重要な意味を持っています。

古代、豪族たちは死者の魂を封じ込める為に巨大な古墳を築きました。その後、仏教の伝来と共に死者への恐れは薄れ、次第に先祖の霊が子孫を守ってくれるという考え方が浸透していきました。

人の死が供養すべきものとなったのは室町時代からの事です。この頃のお墓は、現在あるような角材状の石で建てられていましたが、一般庶民はまだ土饅頭に小さな石を置く程度でした。

お墓が一般的なものになったのは、江戸時代になって幕府が「檀家制度」を敷いてからの事です。

お墓を建て、そこに名前を刻む意味は、単に故人の霊を供養するためだけでなく、故人の生きた証を記録し、子孫に伝える役割、自分のルーツを示す、そこにお墓の意味があるのでしょうね。
| お墓
あいうえお経済