宗派の知識カテゴリの記事一覧

臨済宗

臨済宗宗祖  栄西(千光国師)
臨済宗経典  般若心経、金剛般若経、観音経、大悲心陀羅尼
臨済宗本尊  釈迦牟尼仏、薬師如来、大日如来、観世音菩薩
お唱え    南無釈迦牟尼仏
本山・名刹  南禅寺(京都)、大徳寺、天竜寺、相国寺等
寺院数    約5,800ヶ寺
信者数    約1,980,000人

臨済宗・焼香の作法
1. 仏前に正座し、軽く頭を下げる。
2. 抹香は頭におしいただかず、香炉に入れる。また、この回数は1回でも3回でもよいとされています。

曹洞宗

曹洞宗宗祖  道元(承陽大師)、蛍山(常済大師)
曹洞宗経典  般若心経、法華経、金剛経
曹洞宗本尊  釈迦牟尼仏
お唱え    南無釈迦牟尼仏
本山     永平寺(福井)、総持寺(横浜市)
名刹     興聖寺(宇治市)、栄光寺(石川県)、最上寺(神奈川県)
寺院数    約15,000ヶ寺
信者数    約6,900,000人

曹洞宗・焼香の作法
1. 抹香をつまんで軽く頭におしいただき、香炉へ入れます。
2. 続いて、今度は頭におしいただかず、香炉へ入れます。この2回限りと決められています。

華厳宗

華厳宗宗祖   審祥・良弁
華厳宗経典   華厳経
華厳宗本尊   毘慮舎那仏
お唱え     なし
本山      東大寺
寺院数     58ヶ寺
信者数     約44,000人

華厳宗・歴史
華厳経の教えに基づいて開かれた宗派で、中国の僧、審祥が奈良の金鐘寺で華厳経を講義したのが、日本における華厳宗の始まりとされています。

浄土真宗

浄土真宗宗祖  親鸞(見真大師)
浄土真宗経典  大無量寿経、観無量寿経、阿弥陀経
浄土真宗本尊  阿弥陀如来
お唱え     南無阿弥陀仏
本山・名刹   大谷派・・・東本願寺
        本願寺派・・西本願寺
        高田派・・・専修寺
        三門徒派・・専照寺
        興正派・・・興正寺
        山元派・・・證請寺
        出雲路派・・豪摂寺
        仏光寺派・・仏光寺
        木辺派・・・錦織寺
        誠照寺派・・誠照寺
寺院数     約20,000ヶ寺
信者数     約13,330,000人

浄土真宗・焼香の作法
【本願寺派】
1. 仏前に正座して、軽く手を下げます。
2. 数珠をかけた手を静かに合わせ、心を落ち着かせます。
3. 抹香をつまんで、香炉に入れます。この時、頭におしいただかないようにします。回数は1回が決まりです。
4. 再び数珠をかけた手を合わせ、その手を静かに胸元に立て、礼拝します。

【大谷派】
基本的に本願寺派と共通していますが、抹香をつまんで香炉に入れる回数は、2回と決められています。

真言宗

真言宗について説明します。

真言宗宗祖 空海(弘法大師)
真言宗経典 大日経、金剛頂経
真言宗本尊 大日如来
お唱え   南無大師遍照金剛
真言宗本山 高野山金剛峰寺(和歌山県)、東寺(教王護国寺・京都)
名刹    善通寺(香川県)、須磨寺(神戸)、清澄寺(宝塚市)、大覚寺(京都)、仁和寺(京都)、智積院(京都)、泉湧寺(京都)、勧修寺(京都)、西大寺(奈良)、長谷寺(奈良)
寺院数   約12,000ヶ寺
信者数   約13,820,000人

真言宗・焼香の作法
1. 仏前に正座して、軽く頭を下げます。
2. 数珠をかけた手を静かに合わせて、心を落ち着かせます。
3. 抹香をつまんで、軽くおしいただき香炉に入れます。これを3回繰り返します。
4. 再び数珠を掛けた手を合わせ、心を込めて合掌礼拝を捧げます。

天台宗

日本の宗教は宗派により多少しきたりや教えが異なります。
また宗派だけでなく、地域により、寺院によっても異なり、場合によっては混乱してしまう事もありますね。
各宗派の基本について説明します。

天台宗
宗祖    最澄(伝教大師)
教典    法華経、阿弥陀経、大日経
本尊    釈迦牟尼仏、阿弥陀如来、薬師如来、観音菩薩
お唱え   南無阿弥陀仏
本山    比叡山延暦寺(滋賀県大津市)
別格大寺  寛永寺(東京)、中尊寺(岩手県平泉)
門跡寺院  輪王寺(東京)、三千院(京都)、輪王寺(日光)、如来院(京都)
各派    和宗(総本山四天王寺・大阪)、鞍馬仏教(総本山鞍馬寺・京都)、聖観音宗(総本山浅草寺・東京)
寺院数   約4200ヶ寺
信者数   約3,110,000人

天台宗の焼香の作法
1. 仏前に正座し、頭を軽く下げます。
2. 数珠をかけた手を静かに合わせて、心を落ち着かせます。
3. 抹香をつまんで、香炉に入れます。通常は1回、丁寧な場合は3回
4. 再び数珠を掛けた手を合わせ、心を込めて合掌礼拝を捧げます。
あいうえお経済