老化時の注意点

ペットが老化したと感じたなら、ペットの環境を整備してあげるのは必須といえるでしょうね。

特に注意を必要とするのは次の3点です。
ペットが老犬の場合は、暑さに極端に弱くなります。
老犬の住居というか寝場所は、暑くならないよう配慮します。
逆に冷えるのも良くありませんから、良い寝場所を確保するのは結構注意を必要とします。

老化したペットの動作、行動に良く注意して緊急時、直ぐに対処できるようにしておく事が必要です。

老化したペットの動作、行動に気を配っておく必要があります。その為にも常に人の目に触れる場所にペットを置くよう努めましょう。

ペットに以上が見られたら応急手当ができるよう必要な医薬品、道具をペットの近くに収納しておきます。またかかりつけ医者との連絡を密に取れるよう準備します。

ペットといえど既に人間と変りありませんね。
とすれば注意すべきは食事にも及びます。

ペットの老化とともに食事内容も当然変化させます。
ペットが食事しやすいもの、消化の良いもの、食べやすいもの、食欲をおこさせる匂い。細かなところにも気を配り、少しでも多く食事を取らせるよう工夫する事が必要で、大切な事になります。アコギ上達のポイント

ペットの老化のサイン

人間と同様ペットにも老いは来ます。問題はペットの老化のサインを見逃さない事でしょう。

生きるもの全てに、老いが訪れ、やがて死が訪れます。ペットの老化のサインを見逃さず、ペットが少しでも長生きできるよう飼い主が心がけることです。
それが、飼い主のペットに対する義務でしょう。

ペットの老化に伴う行動の変化・・愛犬の場合
ペットの歩き方
聾唖が進むと歩くとき、足を引きずったり、腰をふらつかせたりし、ペットはまっすぐに歩けなくなります。
そんな時は、愛犬は長い距離を歩かせないようにし、段差や勾配のきつい場所を歩かせないよう注意しましょう。

体が掻けなくなる
ペットが体がかゆくても、自分の足で掻いたり、舐めたりする事ができなくなります。痛みを感じても飼い主に知らせる事ができなくなります。
体、口、耳、目の周り、肛門などをいつも清潔にし、異常がないかどうか、常に確認、観察するようにする事が大切になります。

ペットの老いのサイン2

ペットが年を取ると、自分から水を入れている容器に顔を近づけることが出来なくなり、水を飲めなくなることがあります。

ペットが水を飲めない、飲み難そうだと思ったら、愛犬の口元に水の容器を近づけるよう配慮する事ですね。。

寒さに対応できなくなる
老犬になると、寒さに対応できなくなります。犬の散歩は昼間、暖かいうちに、睡眠の時、夜間等は冷えないよう気をつけてあげましょう。

体調を崩しやすくなる
ペットがストレスに弱くなり、ちょっとしたことがきっかけで、食事をしなくなったり、体調を崩す事が多くなります。
できるだけ一人にしないよう注意し、不安を抱かせないように気を付けます。

気が弱くなる
ペットが擦り寄って甘える傾向が強くなり、ペットの意識のどこかで飼い主の動向を気に留めるようになります。
ペットが甘えてきたらそれに答えてあげること。常にペットの見える位置に身をおいてあげることも大切な事でしょうね。

ペットの生活環境

ペットの老化による肉体的衰え、性格的変化は、人の老化に良く似ています。
従って、生活環境も人と同様に考え、整えていく必要があります。

ペットの散歩の回数、時間を徐々に減らしていくのも大切です。
ペットが疲れやすい、歩き方がおかしいと感じたら決して無理をさせず、ペットの散歩の時間、回数を減らしていきます。

ペットの散歩コースも若い頃のコースとは違った、歩きやすい、あまり車の通らない静かな場所を選ぶようにしたいですね。

ペットの不安、ストレスって以外と大変なものらしいです。
要注意です!!

ペットに不安を感じさせたり、ストレスをためることによってペットは簡単に体調を崩してしまいます。

大きな音をたてたりせず、ひとりばっちにしないなど、細やかな心遣いでペットに接して下さい。
普段は気にしないと思いますが、ペットを寝かせる場所もできるだけ静かで落ち着いた、しかも家の住人の姿が見えるところを選んで寝かせるように配慮できると良いですね。。。

ペットの食事

ペットにはバランスの取れた食事を摂らせる。

ペットには偏食のない栄養バランスのとれた食事をさせましょう。
バランスの取れた食事がペットを健康にさせます。食べるという事は、必要な栄養素を満たすだけでなく、自己治癒力や免疫力などのペットが本来持っている力を維持し、高める作用を持ちます。

ペットフードを使っている人は、ペットの老いとともにシニア用のフードに変えていく必要があります。その場合、急にペットフードを変えず、従来のペットフードに新しいペットフードを少しずつ混ぜ、慣れさせていくといいです。

ペットが老化すると肺活量が減ります。しかしペットは食への関心が逆に高まるようです。
ペットが急に食べ過ぎて肥満にならないように注意します。
食事の量を減らしてペットが欲求不満となり、ストレスが増さないよう、少しずつペットフードの量をセーブします。

またペットが老年になると食べ物の好みが変る場合があります。
好き嫌いが多くなる場合もあります。犬の場合は、食欲を刺激するのは味と匂い、温度です。
ペットの腎機能の衰えを防ぐためにも、味付けの濃いもの、塩分の多い食べ物は与えないようにしたいですね。

栄養が偏りがちなペットの場合、自然の天然成分でつくられたサプリメントを選び、与えるのも方法です。
しかしペットにサプリメントというのは、補助食品でしかありません。大切なのはメインの食事をどう与えるか・・・です。

ペットが自力で食事をとれない場合は、ペースト状の缶詰の中身を注射器で吸い上げ、ペットに食べさせるようにすると良いです。
水を十分に飲めない時は、水分吸収のよいスポーツドリンクを水の変わりに飲ませると良いです。

ペットの病気

葬儀に関連するのは何も人間だけではありません。
ペットも亡くなれば葬儀を行います。最近はペットに関する葬儀社も多くあり、知識としてペットの老いや病等も理解しておくと良いでしょうね。。

犬の認知症
人間の場合、認知症と言えば、脳血管障害やアルツハイマー病、ピック病等、良く耳にしますし知識も豊富になってきています。
犬の場合は、アルツハイマー病認知症や脳血管性認知症ではなく、脳血管にアミロイドという不溶性たんぱく質が沈着する「アミロイド変性」が多く見られます。

犬の脳神経細胞は、18〜20年で死滅すると言われ、13歳〜15歳で認知症が急増します。
犬と猫を比較すると、一般に犬の方が老齢になってから脳の疾患が起こりやすいと言われています。
あいうえお経済