ペットの火葬方法1

ペットの火葬の方法はいつくか種類があります。

1. 合同葬
  他のペットと一緒に火葬します。お骨を拾うことや火葬に立ち会うことができません。他のペットと一緒に火葬される為、遺骨を持ち帰る事もできません。
当然料金的には安価で済ますことができます。
ちなみに火葬料金はペットの大きさ、体重で異なる為、確認しましょう。

2. 個別葬
  火葬場にペットを持ち込んで個別に火葬してもらいます。
  この場合、ペットのお骨は収骨することができます。
  また、自宅に持ち帰る事もOkです。
  火葬料金は合同葬にくらべ割高になりますね。

3. お立会い葬
  人間の火葬と同様に火葬場に行き、火葬したペットのお骨を拾い上げ、骨壷等に入れて持ち帰る事ができます。個別葬よりも割高になります。


浅尾美和のウンチク

ペットの火葬

ペットの火葬迄の段取りを紹介します。
ペットの火葬は、まずペットの体を整えて、バスタオル等を敷いた箱に収めます。

飼い主が車でペット霊園に直接運ぶ。
ペット霊園のスタッフに引き取りに来て貰う。
火葬設備の着いた車輌に来てもらい、その場で火葬を行なう。
(専用のペットタクシー業者に来て貰う)

火葬の場合
ペット用の棺は原則、霊園が用意したものを使うのが良いでしょう。
棺の中に入れるのは、通常ペットの生前の愛用物、食べ物をいれ、花を敷き詰める。
ここで燃えにくいものは避けます。(人間の場合と基本的に同じですね)また霊園のスタッフの指示に従い、最低限必要なものを入れます。

ペットの火葬には以上の方法があります。
どの場合でもペットの大きさによって値段が異なります。
実際の料金、サービスはペット葬祭施設、ペット霊園に問い合わせる事になりますね。


シスタープリンセス

ペット霊園

ペットの霊園は全国各地にあります。電話帳やインターネットで検索して確認しておきましょう。
知っている葬儀社があれば、相談してみるのも大切です。

ペット霊園は、一般に宗派を問いません、誰でも利用することができます。

ペット霊園には、火葬炉、納骨堂、墓地、合同慰霊碑などの施設があります。しかし火葬は他の施設に委託しているところもありますが、火葬・納骨まで扱っている処もあります。

ペットの霊園は、毎日開放されていて、自由にお参りする事ができます。

ペット霊園には、寺院が運営しているものと、葬儀サービス会社が運営しているもの、独自の事業体が運営するものがあります。ペット霊園の使用に関しては、施設の状況、サービスをあらかじめ知っておくとGOODです。

ペット霊園が行なうサービスは以下の通りです。
1. 火葬場をもっていて火葬してくれる。
2. 納骨棚、納骨堂などの施設があり、遺骨を預かってもらうことができます。
3. 人間と同様、専用の墓地があり、遺骨を預かってもらえる。
4. 共同の供養塔などに遺骨を収骨することができる。


最新ディープジュエリーのワンピース通販情報

ペットの納骨・埋葬

ペットでも火葬すれば、納骨して埋葬してあげたいものですね。
基本的には四十九日が目安となるようです。

四十九日は、仏教で亡くなった者の運命が定まる日、仏様になる日だと言われます。納骨。埋葬の時期は、飼い主の事情にもよるでしょうが、四十九日を目安に準備してあげて下さい。

ペット用墓地での供養
納骨に関しては、ペット専用の墓地がありますから、そこを利用させて頂くのも一つの方法ですね。
墓石を建てる人が増えていると聞きます。墓石は天然御影石が多いそうですね。
数年前の感覚からすると、ずいぶん贅沢な感じがしますが・・時流なのでしょうか?

ペットのお墓を建てる事については、考え方次第ですが、季節毎に家族でお墓参りを行い、ペットの思い出を語るのも良い方向ではないでしょうか。

個別納骨堂の利用
墓地がない場合、ペット霊園の個別納骨堂に納骨する方法があるので紹介します。
ぺット個別の棚があり、棚の限られたスペースを最大限利用して、ペットの納骨、遺影、献花、おやつなど備える事ができます。

納骨堂には、一般に1〜2年管理・供養され、希望によって契約を更新することができます。
ペット納骨堂に安置された後、合同の動物慰霊碑に納められ、土に返されるのが一般的です。

正社員になる

ペットが亡くなった時

ペットが亡くなると、家族が死んだのと同様に深い悲しみが襲ってきます。特にペットが子供の頃から世話をしてきたなら、その悲しみも大変な事になるのも当然でしょう。

しかし、悲しんでばかりいられません。看取った者はペットが亡くなった後に成すべき事がありますので紹介します。

犬以外のペットについては、市町村役場への届出の義務はありません。逆に犬が亡くなった場合は、市町村役場への届出が義務付けられています。

届出に記入する事項は、飼い主の住所、氏名、犬の死亡年月日、登録番号です。

亡くなったペットの死骸は、飼い主が責任を持って処理しなければなりません。

自分がペットの死骸を処理できない場合は、死骸を焼却処分するか火葬して、人間と同じように供養する必要があります。

ペットが亡くなった時2

ペットが亡くなると飼い主は責任を持って死骸を処理する必要があります。

市町村によっては、ペットの火葬施設を持っているところがあります。ペットの火葬等は環境衛生課が担当となりますので、市町村に問い合わせてみるのが良いでしょう。

ペットの火葬施設がない市町村では、ほとんどがゴミとして焼却されているのが実際のようです。この場合、ペットの死骸の引き取りに代金が掛かる場合が多いです。。

民間でペットの火葬や葬儀を行う施設が増えています。我が子同然に育ててきたペットをゴミ同然に処理される事に心が痛む人は、ペット火葬やペット霊園を考え、ペットの供養を試みるのは当然かもしれませんね。健康と栄養

ペットの火葬2

ペットの火葬方法はいくつかあります。
今回は自宅葬に関してです。

ペットの自宅葬とは、自宅に火葬車で出張してもらいます。そして火葬、他葬儀を行います。(ペット火葬によっては、自宅葬を行なっていないところもあります。)確認が必要ですね。

ペットの火葬の前後に、僧侶がお経を上げて、お焼香をするケースもあります。

ペットの火葬に掛かる時間は、ペットの大きさによって異なりますが、だいたい1時間〜2時間でしょうね。

その間、飼い主は控え室にて待機します。霊園のスタッフに呼ばれて火葬場に戻り、お骨上げを行い、骨壷に納めます。

犬の場合は、顎、尻尾、背骨、小さな骨片等を丁寧に壷の中へ納め、最後に頭骨を乗せ、蓋をします。

以上がペット火葬の流れとなります。
エステ マッサージ 二重あご
あいうえお経済