献体

献体とは、自分の遺体を医科大学などの解剖実習用に提供することをいいます。

危篤者が献体を希望し、家族も同意してくれた場合は、葬儀、告別式の後に医科大学等に遺体を搬送します。ですから献体希望者はあらかじめ連絡しておかなければいけません。

献体の連絡は、受け入れ側の都合も考えて、臨終の直後にしておくのが良いです。そして献体用の遺体は、その献体としての役目を果たした後は、大学で火葬を行います。火葬を行なった遺体を骨壷に収め、遺族のもとに届けます。

この献体の期間は、通常1〜2年と言われます。

ですから献体者の葬儀では、納骨と埋葬は、遺骨が戻ってくる1〜2年後に行なう事になります。伊藤潤一式口臭消滅プログラム

信頼できる医師

高齢者になると、老い行く肉体を意識します。これは年をとると必ず意識します。足、内臓、頭等パーツが徐々に疲労し、機能が弱くなり、全体のバランスがおかしくなってきます。自覚症状としてこのような事が体感できるのは、嬉しい事ではありませんが、これは現実としてやってきますし、過酷な事実として受け止めるしかありません。

こんな時に力となるのが、医師でしょう。医師は壊れかけているパーツを整え修復し、バランスをとってくれます。肉体的に言えば良い整備士と言えるでしょう。良い医師と出会い体のメンテナンスをしてもらえば、いつまでも元気で健康に過すことができるでしょう。

そんな将来の生活の為にも、信頼できる医師を見つけ信頼関係を構築しましょう。必ずしも名医である必要はありません。相性があい命を任せる事ができると思える医師を見つける事です。ちなみにどんなに名医と評判の医師でも、お互い信頼関係がもてなければ治療に不安が生じますし、こまめに医師と連絡して治療・相談ができません。そういう意味で、自分にとっての名医と世間の名医では違いがある事を理解しておきましょう。体にいい水

病院の決め方

高齢になると、病院のお世話になる回数が増えてきます。大きな病院に世話になるケースもありますし、町医者でお世話になる事もあるでしょう。一番の焦点は、病院の大小、設備の充実等ではなく、医師との信頼関係の確立にあると考えます。医師とのコミュニケーションと考えても間違いではないでしょう。

医師との信頼関係が構築できていれば、状況に左右されず安心して治療を受ける事ができると言えます。ですから病院を選ぶとき、そんな信頼関係を持てる医師がいる病院が最善の病院選びでしょう。

幸運にもそんな医師と巡り合えた方は、少し安心して病気と闘える環境を構築できたと思いましょう。それ程、高齢になってからは医師、病院との付き合いは重要で、評判頼りでも、友人の紹介でも良いので、心から信頼できる医師を見つけ、信頼関係を結ぶ努力を惜しまない事ですね。
http://fukuen.blog.bbiq.jp/renai/

人生の完結

人間であれば、誰もがいつかは死を経験します。
これは間違いのない事実です。ではこの死をどう捉えるかが、その人の考え方でしょう。

死を恐れるか、死を克服できるか・・・
人の人生は、死に至る迄の過程を模索し、さまよい歩く旅のようだと言った著名人もいます。死をもって一つの人生が完結した際に、他人がどう評価するかはあまり重要ではありません。

しかし、その人を亡くした周りの方の気持ちの区切りをつける為、また一つの人生の華々しい区切りをつけるためにも華やかで、寂しくて心あたたかい葬儀、通夜の儀式を営みたいものです。
送別会のプレゼント

死を考える

死によって全てが消滅するという考え方、一度死んで生まれ変ると言う輪廻の思想、死を永遠の生命の始まりと考えるキリスト教の思想等・・・

死については、古来から様々な思想、考えがあります。死に対する受け止め方も人により様々です。

考え方は多種多様ですが、死に関して共通しているのは、現世から姿を消すことという事実です。死に対する考えで、終点でもあり、出発点でもありますが、唯一確実な事はこの世から姿を消す事で、周りの人にとって、その寂しさは拭えるものではありません。

通夜、葬儀は、そんな現世からいなくなる人を追悼する儀式です。
その人の死を悲しむ中で送る儀式もあり、明るく送る儀式もあります。この葬儀にこそ、どれだけ多くの人の心の中に自分の存在を残したか、後悔のない人生を過したか等、生き様が死に集約されると言えます。そして死を葬儀と言う形で表していると言えるでしょう。香山実央の離婚問題を有利に解決する離婚マニュアル
あいうえお経済